アンプルやバイアルの洗浄機・滅菌乾燥機・充填機・捲締機・整列機といった注射剤製薬機械のオーバーホールやメンテナンスはハギノヤ機械にお任せください!
株式会社ハギノヤ機械
サイトマップ プライバシー・ポリシー サイト使用条件
HOME ハギノヤ機械について 製品・技術ラインナップ 会社概要 スタッフダイアリー お問い合わせ

カテゴリー

2018年05月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Powered by
Movable Type 3.38
HOME >> スタッフダイアリー

メイン

業務内容 アーカイブ

2009年03月18日

現地オーバーホール進行中

先月末から現地オーバーホールを実施中です。

弊社では、機械をお客様工場から持ち出さずに分解整備を行うことを、現地オーバーホールと呼んでおります。
不具合や故障の多発に伴う稼働率の悪化などにより、大掛かりな修繕が必要な機械で、ご予算や工期を十分にとれないなどの理由から機械を持ち出してオーバーホールすることが難しい場合、現地オーバーホールでの対応も可能です。

<現地オーバーホールの作業方法>
御打ち合わせ内容に基づき、整備する箇所をアッセンブリーで取り外して弊社工場に持ち帰り、分解整備ののち、組付調整とバリデーションを行います。

<現地オーバーホールの作業の流れ>
1 仕様御打ち合わせ・現地調査
2 図面作成・部品手配
3 現地分解作業・分解した部品の持ち帰り
4 弊社工場での分解整備 ←今はココ
5 整備済部品の持込・組付調整
6 試運転・バリデーション

今月末には持ち帰った部品類の分解整備が終わる予定です。

(洗浄機の分解前)
s-DSCF5807.jpg

(洗浄機の分解後)
s-DSCF6518.jpg

(充填機の分解前)
s-P1010607.jpg

(充填機の分解後)
s-DSCF6499.jpg

2009年04月02日

現地オーバーホール進行中 <現地組付けの段階>

先週から、現地作業を行っております。
現在、整備済み部品類の組付け作業を行っております。
今月下旬には組付けと調整が終わり、試運転にかかる予定です。

(オーバーホール前の洗浄機の駆動部)
s-%EF%BD%B5%EF%BD%B0%EF%BE%8A%EF%BE%9E%EF%BD%B0%EF%BE%8E%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%89%8D%E6%B4%97%E6%B5%84%E6%A9%9F.jpg

(オーバーホール後の洗浄機の駆動部)
s-%EF%BD%B5%EF%BD%B0%EF%BE%8A%EF%BE%9E%EF%BD%B0%EF%BE%8E%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%BE%8C%E6%B4%97%E6%B5%84%E6%A9%9F.jpg

(オーバーホール前の充填機のゴムローラー部)
s-%EF%BD%B5%EF%BD%B0%EF%BE%8A%EF%BE%9E%EF%BD%B0%EF%BE%8E%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%89%8D%E5%85%85%E5%A1%AB%E6%A9%9F.jpg

(オーバーホール後の充填機のゴムローラー部)
s-%EF%BD%B5%EF%BD%B0%EF%BE%8A%EF%BE%9E%EF%BD%B0%EF%BE%8E%EF%BD%B0%EF%BE%99%E5%BE%8C%E5%85%85%E5%A1%AB%E6%A9%9F.jpg

2009年04月23日

現地オーバーホール進行中 <現地組付けが終了>

現地組付調整作業と試運転確認作業が終了しました。
これからバリデーションを行います。
5月下旬に完了予定です。

(オーバーホール前の洗浄機)            (オーバーホール後の洗浄機)
s-before%20overhaul%2009042111.jpg s-after%20overhaul%20%2009042111.jpg

(オーバーホール前の洗浄機)            (オーバーホール後の洗浄機)
s-before%20overhaul%2009042112.jpg s-after%20overhaul%20090421122.jpg

(オーバーホール前の洗浄機)            (オーバーホール後の洗浄機)
s-before%20overhaul%2009042113.jpg s-after%20overhaul%2009042113.jpg

(オーバーホール前の充填機)            (オーバーホール後の充填機)
s-before%20overhaul%2009042121.jpg s-after%20overhaul%2009042121.jpg

(オーバーホール前の充填機)            (オーバーホール後の充填機)
s-before%20overhaul%2009042122.jpg s-after%20overhaul%2009042122.jpg

(オーバーホール前の充填機)            (オーバーホール後の充填機)
s-before%20overhaul%2009042123.jpg s-afte%20overhaul%2009042123.jpg

(オーバーホール前の充填機)            (オーバーホール後の充填機) s-before%20overhaul%2009042124.jpg s-after%20overhaul%2009042124.jpg

2009年05月29日

滅菌乾燥機のホットエアーファンの分解整備

現地オーバーホールはつつがなく終了し、現在は通常業務に戻っております。
今回は、滅菌乾燥機の滅菌部ホットエアーファンの分解整備を紹介致します。

お客様より、運転時に異音がするホットエアーファンを新品に交換して、外したホットエアーファンは分解整備をして予備品として保管しておくという内容の業務を承りました。

<ホットエアーファンの分解整備方法>
1 ホットエアーファンを分解する
 ←シャフトからファンインペラーを取り外すのがかなり大変です
2 内部清掃
 ←オイルシールが劣化してモーター内部のコイルまでグリスが侵入していることがあります
3 ベアリング・オイルシールを交換する
 ←ベアリングは耐熱仕様を用います
4 組立と試運転
 ←組立後に電源を繋いでファンを回して異音・振動などがないことを確認します

(分解した状態)                     (分解した状態)
s-P1020155.jpg s-P1020161.jpg

(分解した状態)                     (清掃後の状態)
s-P1020168.jpg s-P1020172.jpg

(組み立て中)                      (試運転の状態)
s-P1020173.jpg s-P1020186.jpg

2009年06月05日

分配管の製作承ります

今回は、分配管をご紹介致します。

お客様より、液タンク-分配管-充填ポンプ-充填針の間を繋ぐホースを、シリコンチューブからテフロンチューブに変更したいとのご要望があり、テフロンチューブ対応の分配管と充填針及びシリコンチューブ⇔テフロンチューブ変換継手を製作しました。

s-DSCF6918.jpg

ご要望に応じて、さまざまな仕様/サイズのものを製作致しますので、ぜひご相談下さい。

2009年07月03日

伸縮式コンベア

今回は伸縮式のコンベアをご紹介します。

・充填機から出てきたアンプルを、隣室にて回収したいのでコンベアが必要。
・生産中以外は、コンベアのルートを、人や台車などが通過できるようにしたい。

このようなご要望に基づき、弊社は使用しないときは縮めた状態で、使用するときのみ伸ばして使うという、伸縮式のコンベアを考案しました。

現在、この伸縮式コンベアはさまざまなサイズのものを、数社のお客様に納品させて頂いております。

このたびは、設置から10年以上が経過したお客様よりオーバーホールの御注文を承りまして、今月末に実施する予定です。


<伸縮式コンベアの動画>

2009年07月16日

スクリュー

今回は、スクリューをご紹介致します。

お客様より、充填機の入口供給部分でのアンプルの流れを改善したいとのご要望があり、まずスクリュー(タイミングスクリュー)を更新しました。

通常スクリューの材質はポリアセタール(通称デルリン)を使用しますが、弊社では数年前よりUHMW-USL(通称USL材)を採用しており、お客様より好評を頂いております。
このUSL材は、超高分子ポリエチレンをベースに摺動性や耐摩耗性を高めた材料で、アンプルやバイアルに対しての滑り性は、デルリンよりも優秀です。

ボッシュ製の洗浄機や充填機の場合、スクリューの下板はデッドプレートであり、スクリューは下板に押し付ける方向で回る為、スクリューの滑り性が悪いと、容器はスムーズに搬送されずに下板に引きずられて搬送されて、最悪の場合には容器底角部分にヒビが入ってしまうことがあります。

USL材製のスクリューでは、容器がスムーズに搬送される為、運転中の音が静かなことが判ります。

s-DSCF7167.jpg

スクリューの更新に際しては、入りが悪く歯抜けを起こす、または入ってゆく場所が悪く容器が倒れるなどの不具合を解消するための形状の適正化の可能ですので、ぜひご相談下さい。

2010年01月28日

アンプル粉末充填機のオーバーホール実施中

今月からアンプルの粉末充填機のオーバーホールをしております。

<オーバーホールの作業の流れ>
1 仕様御打ち合わせ
2 機械の引き取り
3 機械の状態確認・採寸
4 分解作業 ←今はココ
5 分解した部品の仕分け・採寸・手配
6 組立・調整
7 試運転調整
8 出荷前立会いFAT
9 搬入・据付
10 試運転・バリデーション

現在、機械はバラバラの状態です。
これから、部品の仕分け・採寸・手配に入ります。
s-DSCF8024.jpg

2010年02月17日

サイズパーツ

サイズパーツを製作しました。

新たに品目を追加されるとのことで、洗浄機用と充填機用を製作しました。

<洗浄機用>                       <充填機用>
%E6%B4%97%E6%B5%84%E6%A9%9F%E3%80%80%E9%83%A8%E5%93%81.jpg %E5%85%85%E5%A1%AB%E6%A9%9F%E3%80%80%E9%83%A8%E5%93%81.jpg

2010年02月19日

グリッパー

今回は、洗浄機用のグリッパーを紹介致します。

各サイズのアンプル用/バイアル用のグリッパーの用意があります。
弊社ではゴムの材質を、一般的なウレタンゴムではなく、NBR(ニトリルゴム)を使用しております。
ウレタンゴムは、耐加水分解性が良くないといわれているためです。

%EF%BD%B8%EF%BE%9E%EF%BE%98%EF%BD%AF%EF%BE%8A%EF%BE%9F%EF%BD%B0%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%80%8010.02.19.jpg

2010年02月22日

アンプル粉末充填機の部品

アンプルの粉末充填機に使用する部品類を製作しました。
材質は全てSUS316Lです。

%E7%B2%89%E6%9C%AB%E5%85%85%E5%A1%AB%E6%A9%9F%E7%94%A8%E9%83%A8%E5%93%81%E3%80%8010.02.19.jpg

2010年03月03日

アンプル粉末充填機のオーバーホール実施中 その2

本体フレームの組立を始めました。

%E6%9C%AC%E4%BD%93%EF%BE%8C%EF%BE%9A%EF%BD%B0%EF%BE%91%E3%80%8010.03.03.jpg

2010年04月14日

アンプル粉末充填機のオーバーホール実施中 その3

現在、ココまで組み立てました。

s-P1030558.jpg

2010年04月14日 00:58

2010年10月19日

アンプル粉末充填機のオーバーホール 終了

掲載がずいぶん遅れてしまいましたが、粉末充填機のオーバーホールは終了しまして、現在はお客様工場にて稼働中です。

充填機回りのカステン、粉末供給用踏台、コンベアなども合わせて製作しております。


(粉末充填機の正面)
s-P1030704.jpg

(粉末充填機の背面)
s-P1030705.jpg

(伸縮式コンベア)
s-P1030697.jpg

2011年03月25日

謹んで震災のお見舞いを申し上げます

3月11日に発生致しました東日本大震災により、亡くなられた方々に哀悼の意を表します。また、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

被災地域の一日も早い復興を、心より祈念しております。

株式会社ハギノヤ機械

2015年09月01日

アンプル充填機と伸縮式コンベアを納入

オーバーホールしたアンプル充填熔閉機と伸縮式コンベア、可倒式の取り出しホッパーを納入しました。
IQ・OQ・CSVも終了して引渡し完了です。

s-FullSizeRender.jpg

2015年09月04日

ガス酸素のデジタル流量計

本日は、アンプルの熔閉用のガスと酸素のデジタル流量計をご紹介します。

ボッシュのアンプル充填熔閉機には、ガスと酸素の流量を調整する為に、フローメーターが取り付けられています。
フローメーターは、ガラス管の中に球が上下するタイプなので、正確な流量は判らず、結局毎回熔閉状態を確認して調整することになります。

そこでガスと酸素の定常維持管理を目的として、デジタルの流量計の増設をお勧めしております。
ぜひご検討下さい。

s-IMG_5374.jpg

ガス酸素のデジタル流量計

本日は、アンプルの熔閉用のガスと酸素のデジタル流量計をご紹介します。

ボッシュのアンプル充填熔閉機には、ガスと酸素の流量を調整する為に、フローメーターが取り付けられています。
フローメーターは、ガラス管の中に球が上下するタイプなので、正確な流量は判らず、結局毎回熔閉状態を確認して調整することになります。

そこでガスと酸素の定常維持管理を目的として、デジタルの流量計の増設をお勧めしております。
ぜひご検討下さい。

s-IMG_5374.jpg

2015年09月09日

可倒式ホッパー

先日納入した可倒式ホッパーです。
使用後は折り畳めるので、スペースが有効活用できます。

<使用中>                        <使用後>
s-IMG_5391.jpg s-IMG_5390.jpg

2015年09月14日

ゴムローラー

アンプル熔閉時のアンプルを回転させるゴムローラーを製作しております。
サイズ、材質など様々なご要望に対応可能です。

s-IMG_0475.jpg

2015年09月15日

圧力スイッチとダイヤフラム膜の交換

洗浄機の圧力スイッチとダイヤフラム膜を交換しました。
圧力スイッチは弊社在庫品、ダイヤフラム膜は新品と交換しました。
弊社では、古い部品なども廃却せずに出来るだけ保存するようにしております。
故障してしまって極力早く復旧したい状況の際には、弊社に在庫品がある場合がございますので、
一度ご連絡下さい。

<圧力スイッチ>                    <ダイヤフラム膜>
s-IMG_0127.jpg s-IMG_0125.jpg 

2015年09月28日

充填針製作

充填針を製作致しました。
ちなみに上の針が外径Φ3.0×内径Φ2.7、下の針が外径Φ2.8×内径Φ2.5です。

弊社製作の針は、ホース差込部分にてアルゴン熔接するので、薬液が針ボディと針外側との間に染込むことがありません。

また針が曲がってしまっても、溶接部分を削り落とせば針を抜き取れますので、新しい針を差し込んでまた熔接すれば、再使用が可能です。

針のサイズや針先の形状など様々なバリエーションがございますので、針でお困りの際には、是非一度ご相談下さい。

s-IMG_0544.jpg

2015年10月20日

エフェクター製センサーの在庫

独エフェクター製センサーの在庫が多少ございます。
お急ぎの際には一度ご相談下さい。
もし弊社にない場合にもエフェクター様に直接の手配が可能です。

s-IMG_0613.jpg

2015年11月24日

ジャバラ(ベロウ)の交換

洗浄機のジャバラ(ベロウ)を交換しました。
あわせて樹脂製のコロも交換しました。

<交換前>                       <交換後>
s-DSCN6811.jpg s-DSCN6816.jpg

2016年03月14日

アダプタの製作

充填機を改造することなく、この特殊な充填針を使用したい、とのご要望を受け、アダプタを設計製作致しました。
充填機にこのアダプタを取り付ければ、特殊な充填針が使用できるようになりました。

s-IMG_1433.jpg

2016年03月15日

ピンチャーヘッドの整備

このたび、ピンチャーヘッドの中のギヤと軸とを止めているピンが折れてしまった、とのことで、ピンチャーヘッドを外して送って頂き、整備して返送しました。

整備の内容は下記になります。
・ピンチャー爪の交換と位置合わせ揃え調整
・ベアリングの交換
・ボーデンケーブルの交換
・ギヤは磨耗していたので180°ひっくり返して再使用

このように部品を送って頂ければ整備して送り返すという対応もしております。

<整備前>
s-IMG_1209.jpg
<整備中>
s-IMG_1232.jpg
<整備後>
s-IMG_1236.jpg

2016年03月18日

充填機の搬送ラインの樹脂化

アンプルの傷つき防止を目的として、充填機の搬送ラインにおける金属製の部品を、樹脂に変更して交換しました。

<底レール(入口部)の樹脂化>          <底レール(出口部)の樹脂化>
s-IMG_1128.jpg s-IMG_1123.jpg

<搬送ラック(ウォーキングビーム)の樹脂化>   <出口ゲートと出口プッシャーの樹脂化>   
s-IMG_1134.jpg s-IMG_1124.jpg

2016年04月19日

謹んで熊本地震のお見舞いを申し上げます

4月14日に発生致しました平成28年熊本地震により、亡くなられた方々に深く哀悼の意を表します。
また、被災された皆さま、避難所生活を送られている皆さまに対しても、心よりお見舞いを申し上げます。
被災地域の一日も早い復旧および復興を、心より祈念しております。

株式会社ハギノヤ機械

2016年04月21日

アンプル回転ゴムローラー装置の分解整備

アンプル充填機の熔閉部の、アンプルを回転させるゴムローラー装置の分解整備を紹介致します。

回転中に上からのぞき込んだときに、ゴムローラーが偏芯して回っているようですと、アンプルの回転にムラができて、熔閉形状に影響を与えます。
この場合には分解整備を推奨しております。

ゴムローラー装置の分解整備は、アッセンブリーで取り外して弊社工場に持ち帰り、分解整備後、充填機に取り付けて試運転、というやり方で行います。
ゴムローラーをはじめ、軸、ベベルギヤ、メタル、カラー、パッキンなどを新品に交換して、ケースやフレームは再メッキして、組み立て直します。

<整備前>
s-P1010006.jpg s-P1010004.jpg
<整備中>
s-P1010012.jpg s-P1010016.jpg 
<整備後>
s-IMG_5221.jpg s-IMG_5226.jpg 

2016年04月25日

乾燥機内部清掃

あるお客様の乾燥機内部の様子です。
品温が下がった、フィルター差圧が上がった、などの異常は、乾燥機内部に堆積した破片が原因である可能性がありますので、定期的な乾燥機内部の清掃を推奨致します。

s-DSCN6459.jpg s-DSCN6458.jpg
s-DSCN6462.jpg s-DSCN6601.jpg

2016年04月28日

洗浄機 エレベーション駆動部の分解整備

RRU型洗浄機の水槽内にあるエレベーションの駆動部の整備です。
ここは、軸が回って円筒カムは回らない構造になります。
円筒カムを外して、オイルシールとベアリングを交換します。
ベアリングは球がセラミックのものを使用します。

<整備前>
s-IMG_4254.jpg s-IMG_4263.jpg

<整備中>
s-IMG_4264.jpg s-IMG_4265.jpg

<整備後>
s-IMG_4266.jpg

2016年05月04日

充填機 入口スクリュー駆動部の分解整備

ALK型充填機の入口スクリュー駆動部の整備です。
写真の充填機はスクリュー軸の高さを調整できるタイプの充填機です。
整備内容は、駆動軸、ベアリング、スパーギヤ、プーリー、ベルトの新品交換です。

s-DSCN7518.jpg s-DSCN7520.jpg

s-DSCN7521.jpg s-DSCN7524.jpg

s-DSCN7533.jpg s-DSCN7582.jpg

s-DSCN7584.jpg

2016年05月09日

乾燥機 入口部のフラップのベアリング交換

洗浄機を出て乾燥機に入ってスグのところにある、フラップのベアリングの交換です。
このベアリングは定期交換を推奨しております。

s-IMG_4278.jpg s-IMG_4280.jpg

s-IMG_4281.jpg

2016年05月11日

洗浄機 エレベーションの部品交換

RRU型洗浄機の水槽内にあるエレベーションの部品の交換です。
板の両側のスライド樹脂と板の裏側のベアリングは、定期交換を推奨しております。
尚、ベアリングは球がセラミックのものを使用します。

<交換前>
s-DSCF3139.jpg s-IMG_7064.jpg

<交換後>
s-DSCF3160.jpg s-IMG_7065.jpg

2016年05月16日

充填機 液量調整部の分解整備

ALK型充填機の、充填液量を調整する部分の分解整備です。
長年の使用により、動きが悪くなったり、ハンドルを回した後のロックが出来なくなったりすることがあり、そういった場合には分解整備を推奨致します。

<整備前>
s-DSCN3127.jpg s-DSCN3128.jpg

<整備後>
s-DSCN3150.jpg s-DSCN3149.jpg

2016年05月18日

乾燥機 モーターオイルの交換

乾燥機の、コンベア駆動モーターのオイル交換です。
オイルは定期交換を推奨しております。

s-IMG_7041.jpg

2016年05月23日

洗浄機 グリッパー開閉カムのメッキ

RRU型洗浄機の、アンプルバイアルを掴むグリッパーを開閉させるカムです。
グリッパーはベアリングをカムに当てることにより開閉しますが、カムのベアリングが当たる箇所はだんだん磨耗します。
カムの表面はハードクロムメッキ処理されておりますが、メッキが磨耗して下地(SUS)が現れるところまでいくと、すぐに削れてしまいます。

そこで弊社ではカムの再メッキを行っております。
削れる前に定期的に再メッキすれば恒久的に使用可能です。

<上がメッキ前・下がメッキ後>
s-IMG_0395.jpg s-IMG_0398.jpg

s-IMG_0401.jpg

2016年05月25日

充填機 入口セグメント部の分解整備

ALK3040型充填機の入口セグメント部の分解整備です。
整備内容は、カム、ベアリング、カムフォロアーの新品交換です。

<分解>
s-DSCN6895.jpg s-DSCN6902.jpg

s-DSCN7479.jpg s-DSCN7480.jpg

s-DSCN7481.jpg

<部品交換>
s-DSCN7485.jpg s-DSCN7488.jpg

s-DSCN7498.jpg

<組立調整>
s-DSCN7483.jpg s-DSCN7516.jpg

s-DSCN7600.jpg s-DSCN7601.jpg

2016年06月01日

洗浄機 水漏れ修理

RQU型洗浄機の水槽からの水漏れ修理です。
この型式の洗浄機の場合、軸が水槽側面を貫通する構造なので、水漏れが発生しやすいようです。

写真はセンタリングコーンをスライドさせるレバーの軸の部分と、入口供給部のホッパーを搖動させる部分、同じく入口部のシャッターをスライドさせる部分です。

作業は、軸、ベアリング、メタル、オイルシールなどの交換になります。

s-IMG_0100.jpg s-IMG_0108.jpg

s-IMG_0119.jpg s-IMG_0122.jpg

s-IMG_0139.jpg s-IMG_0171.jpg

s-P1010457.jpg

2016年06月06日

充填機 ピローブロックの交換

AVR型充填機のピローブロックの交換です。
長年に渡り使用していると、ピローブロックの回転が悪くなりますが交換が可能です。

s-DSCN4282.jpg s-DSCN4295.jpg

s-DSCN4303.jpg s-DSCN4304.jpg

s-DSCN4306.jpg s-DSCN4279.jpg 

2016年06月13日

巻締機 入口コンベアベルト交換

VRK型巻締機の、入口コンベアベルトの交換です。
コンベアベルトは輪になっているので、交換にはコンベアフレームを分解する必要があります。

s-IMG_0612.jpg s-IMG_0615.jpg

s-IMG_0631.jpg s-IMG_0632.jpg

s-IMG_0636.jpg

2016年06月20日

洗浄機 アンプル押出プッシャー板の樹脂化

RUR型洗浄機の改造例です。
搬送ケースにて運ばれたアンプルを洗浄針に押し出すプッシャー先端の板はSUS製ですが、場合によってアンプルに傷がつくことがあります。
また長さが短く、アンプル底を押し出す際に、アンプルがうまく押し出されないこともあります。

その対策として、プッシャー先端の板を樹脂化して、且つ長さを少し長くして対応しております。

s-DSCF4120.jpg s-DSCF4123.jpg

s-DSCF4130.jpg s-DSCF4381.jpg

2016年06月27日

充填機 空アンプル修理

ALK型充填機において、アンプルがあるのに充填されない(空アンプル)不具合の修理です。
確認すると、セグメント部においてアンプルを検知するセンサーのアンプが故障しており、またアンプルを押さえるスポンジ製のローラーが劣化していたので、それぞれ新品に交換して、不具合収束です。

s-IMG_0816.jpg s-IMG_0819.jpg

2016年07月04日

乾燥機 窓のカギ

乾燥機の内部視認用窓のカギが壊れたとのことで、新品を手配しました。

s-IMG_6272.jpg

2016年07月06日

洗浄機 グリッパー開閉ベアリング

RRU型洗浄機の、アンプルバイアルを掴むグリッパーを開閉させるベアリングです。
弊社では定期交換部品としております。
ちなみにこのベアリングは、上下2段にすると開閉させるカムが長持ちします。

s-IMG_7063.jpg

2016年07月11日

充填機 失火対応

ALK型アンプル充填機において、熔閉炎が失火する不具合の修理です。
いろいろと原因を調査した結果、酸素ガス混合器に緩みがあり、緩んだ箇所からのガス漏れが発見されました。
締め直して点火して、熔閉も問題ないことを確認しました。

s-IMG_0875.jpg s-IMG_0876.jpg

s-IMG_0877.jpg

2016年07月13日

アンプル集積装置

アンプル集積装置です。
上流機器から300本/分で流れてくるアンプルを、1,000本毎に集積する装置です。
脚にキャスターを取り付けて、上流機器とは着脱可能としております。

s-IMG_2662.jpg s-IMG_2663.jpg

s-IMG_5418.jpg s-IMG_5419.jpg

2016年07月20日

洗浄機 グリッパー指の交換

RRU型洗浄機のアンプルを掴む指の交換です。
長年の使用によって、指根元のギヤが減ってガタになり、掴んだアンプルのセンターと洗浄針のセンターが少しづつ合わなくなります。
洗浄針がアンプル口と当たってしまうようになると、指の交換を推奨します。

s-P1000875.jpg s-P1000876.jpg

s-P1000877.jpg s-P1000879.jpg

s-P1000880.jpg s-P1000882.jpg

s-P1000886.jpg s-P1000892.jpg

2016年07月25日

充填機 ゴム栓打栓部の部品

ALK型バイアル充填機の、ゴム栓打栓部の部品です。
ゴム栓に合わせて、下記部品を製作します。

パーツフィーダー
直進フィーダー
ゴム栓ガイド
打栓杵
バイアル首押さえガイド
など

半打栓/全打栓、バイアルサイズ変更などにも対応致します。

s-IMG_1019.jpg s-IMG_1027.jpg

s-IMG_1041.jpg

2016年08月01日

バイアル整列機

バイアル整列機です。
上流機器から300本/分で流れてくるバイアルを千鳥配置で整列させる装置です。

s-P1010750.jpg s-P1010752.jpg

2016年08月08日

洗浄機 ガイド類のメッキ

RRU型洗浄機の、底板とガイドの板です。
底板とガイドの板の表面はハードクロムメッキ処理されておりますが、メッキが磨耗して下地(SUS)が現れるところまでいくと、すぐに削れてしまいます。

そこで弊社では底板とガイドの板の再メッキを行っております。
削れる前に定期的に再メッキすれば恒久的に使用可能です。

s-IMG_6999.jpg

2016年08月22日

充填機 入口コンベアベルトの交換

ALK型充填機の、入口コンベアベルトの交換です。
コンベアベルトがSUS製ネットではなく、輪になっているベルトタイプだったので、交換にはコンベアフレームを分解する必要があります。

s-IMG_0812.jpg s-IMG_0824.jpg

s-IMG_0829.jpg s-IMG_0888.jpg

2016年08月29日

乾燥機 アンプル倒れ対策

HQL型乾燥機において、サイドのネットコンベアの近傍でアンプルに隙間が出来て倒れてしまう不具合について対応しました。

<対策前>
s-IMG_0850.jpg s-IMG_0851.jpg

<対策後>
s-IMG_1545.jpg s-IMG_1544.jpg 

2016年09月05日

洗浄機 スクリュー駆動部の整備

RRU型洗浄機の、水槽内のスクリューの駆動部の整備です。
軸とベアリング、オイルシール、タイミングベルトを交換しました。
この部分は定期的な交換が必要なようです。

s-IMG_0025.jpg s-IMG_0026.jpg

s-IMG_0029.jpg s-IMG_0032.jpg

s-IMG_0292.jpg s-IMG_0297.jpg

2016年09月12日

洗浄機 スクリュー軸受部の整備

先週に引き続き、RRU型洗浄機の、水槽内のスクリューの軸受部の整備です。
駆動部の軸やベアリングの交換と同じく、こちらの軸受部も定期的な交換が必要なようです。

s-IMG_3429.jpg s-IMG_3433.jpg

s-IMG_3434.jpg s-IMG_3435.jpg

s-IMG_7750.jpg s-IMG_7755.jpg

2016年09月19日

充填機 ピンチャーヘッド上下駆動部の整備

ALK型充填機の、アンプル熔閉部分のピンチャーヘッド上下駆動部の分解整備です。
この部分は定期的な部品交換を推奨しております。

s-DSCN7556.jpg s-DSCN7561.jpg

s-DSCN7562.jpg s-DSCN7563.jpg

s-DSCN7565.jpg

2016年09月26日

乾燥機 電動シャッターのセンサー交換

HQL型乾燥機の出口冷却部の電動シャッターが動かなくなったとのことで、確認したところ、原因はモーターではなくセンサーの故障でした。
弊社に在庫がございましたので交換して試運転を行い、問題ないことを確認しました。

s-DSCF8046.jpg s-DSCF8043.jpg 

2016年10月10日

洗浄機 エレベーション周囲の円筒型ガイドカバーの補修

RRU型洗浄機の、水槽の中にあるエレベーションの周囲の円筒型ガイドカバーの補修です。
円筒型ガイドカバーの内側にはテフロンのシートが接着されておりますが、キズがついたり汚れが付着したりします。
弊社では、ガイドカバーにタップをたて、テフロンシートを両面テープとビスで固定するようにして、交換ができるようにしております。

s-IMG_0344.jpg s-IMG_0346.jpg

s-P1020802.jpg s-P1020803.jpg

2016年10月17日

充填機 ポンプ取付台の改造

ALK型充填機の、非C/SIPロータリースライドポンプを取り付ける台を改造しました。

s-IMG_2469.jpg

2016年11月07日

乾燥機のオーバーホール 1/4

HQL型乾燥機のオーバーホールです。
乾燥機をお客様の工場より持ち出して、弊社工場に持ち込んで、バラバラに分解して点検を行い、交換が必要な部品を全て新品に交換したうえで組み立てる、フルオーバーホールです。
今回の写真は、弊社工場に持ち込んだ直後の写真です。

s-DSCF1295.jpg s-DSCF1296.jpg
s-DSCF1298.jpg s-DSCF1300.jpg
s-DSCF1302.jpg s-DSCF1303.jpg
s-DSCF1318.jpg s-DSCF1319.jpg

2016年11月11日

乾燥機のオーバーホール 2/4

HQL型乾燥機のオーバーホール、2回目の今回は分解時の写真です。
箱状の本体の開口部分(コンベアが通る部分)の角スミには亀裂があります。

s-DSCF1321.jpg s-DSCF1325.jpg
s-DSCF1327.jpg s-DSCF1328.jpg
s-DSCF1358.jpg s-DSCF1365.jpg
s-DSCF1375.jpg s-DSCF1436.jpg

2016年11月21日

乾燥機のオーバーホール 3/4

HQL型乾燥機のオーバーホール、3回目の今回は部品交換時の写真です。
本体開口部分の角スミの亀裂は熔接にて修理しております。

s-DSCF1444.jpg s-DSCF1453.jpg
s-DSCF1459.jpg s-DSCF1461.jpg
s-DSCF1472.jpg s-DSCF1483.jpg
s-DSCF1489.jpg s-DSCF1498.jpg

2016年11月28日

乾燥機のオーバーホール 4/4

HQL型乾燥機のオーバーホール、4回目の今回は組立調整時の写真です。

s-DSCF1502.jpg s-DSCF1505.jpg
s-DSCF1528.jpg s-DSCF1538.jpg
s-DSCF1532.jpg s-DSCF1533.jpg
s-DSCF1535.jpg s-DSCF1531.jpg

2016年12月05日

洗浄機 T字バーの修理

洗浄機の、アンプルバイアルを押すT字バーの修理です。
両側のスライドする部分が破損したとのことで修理しました。

s-IMG_4354.jpg s-IMG_4375.jpg

2016年12月12日

充填機 ミニベアリングの交換

ALK型充填機の、ウォーキングビームの上と下にある、小さなベアリングの交換です。
薬液の付着などで固着してしまうこともあり、定期的な交換を推奨しております。

s-DSCN7722.jpg s-DSCN7728.jpg

2016年12月19日

乾燥機 搬送コンベアベルトの整備 1/2

HQL型乾燥機の、搬送コンベアベルトのコンベアネットと駆動ロールの交換です。

乾燥機の搬送コンベアベルトを駆動するローラーにはウレタンゴムが巻きつけてありますが、10年もするとゴムが劣化してはがれてきます。
はがれたゴムはコンベアネットに付着して運ばれ、滅菌部で焼かれてその煙状のゴムが炉内のアンプルバイアルに付きます。
そうなる前に駆動ロールとベアリング、コンベアネットの新品交換を推奨しております。

今回は分解時の写真です。

s-IMG_7898.jpg s-IMG_7902.jpg

s-IMG_7905.jpg s-IMG_7906.jpg

s-IMG_7907.jpg

2016年12月26日

乾燥機 搬送コンベアベルトの整備 2/2

HQL型乾燥機の、搬送コンベアベルトのコンベアネットと駆動ロールの交換です。
今回は交換時の写真です。

本年の更新はこれで最後となります。

閲覧頂き、有難うございました。
来年もまた宜しくお願い申し上げます。

s-IMG_7909.jpg s-IMG_7922.jpg

s-IMG_7923.jpg s-IMG_7924.jpg

2017年01月07日

巻締機のオーバーホール 1/3

新春のお喜びを申し上げます。
本年も変わらぬご支援、ご指導のほど、宜しくお願い申し上げます。

さて2017年の最初は巻締機のオーバーホールです。
お客様の工場より持ち出して、弊社工場に持ち込んで、バラバラに分解して点検を行い、交換が必要な部品を全て新品に交換したうえで組み立てる、フルオーバーホールです。
今回の写真は、弊社工場に持ち込んで分解中の写真です。

s-DSCF3977.jpg s-DSCF3978.jpg

s-DSCF4034.jpg s-DSCF4044.jpg

s-DSCF4045.jpg s-DSCF4053.jpg

s-IMG_0001.jpg

2017年01月16日

巻締機のオーバーホール 2/3

巻締機のオーバーホール、2回目の今回は組立時の写真です。

s-IMG_0333.jpg s-IMG_0015.jpg

s-IMG_00191.jpg s-IMG_0098.jpg

s-IMG_0104.jpg s-IMG_0122.jpg

s-IMG_0171.jpg s-IMG_0195.jpg

2017年01月23日

巻締機のオーバーホール 3/3

巻締機のオーバーホール、3回目の今回はほぼ組立終了時の写真です。
配電盤や操作盤は全て作り直して、操作盤にはタッチパネルを取り付けました。

s-IMG_1112.jpg s-IMG_1114.jpg

s-IMG_1115.jpg s-IMG_1116.jpg

s-IMG_1119.jpg s-IMG_1120.jpg

2017年01月30日

洗浄機 出口部ベアリング交換

RRU型洗浄機の出口部分のベアリングの交換です。
出口部のフランジとプーリーのベアリングは定期的な交換を推奨しております。

出口部の駆動部のフランジの駆動シャフトを受けている部分が、ベアリングのタイプと真鍮メタルのタイプがあります。
ベアリングであれば定期交換すれば問題ありませんが、真鍮メタルの場合、まれにシャフトがカジることがあります。

s-DSCF3172.jpg s-DSCF3173.jpg

s-IMG_4311.jpg s-IMG_7048.jpg

2017年02月06日

充填機 ラック駆動部の整備 1/2

ALK型充填機の、搬送ラック(ウォーキングビーム)駆動部の整備です。
分解時の様子です。

s-DSCN6908.jpg s-DSCN6909.jpg

s-DSCN6912.jpg s-DSCN6915.jpg

s-DSCN6916.jpg s-DSCN6920.jpg

s-DSCN7439.jpg s-DSCN7440.jpg

s-DSCN7442.jpg

2017年02月13日

充填機 ラック駆動部の整備 2/2

ALK型充填機の、搬送ラック(ウォーキングビーム)駆動部の整備です。
部品交換と組立時の様子です。

s-DSCN7448.jpg s-DSCN7453.jpg

s-DSCN7455.jpg s-DSCN7457.jpg

s-DSCN7540.jpg s-DSCN7545.jpg

s-DSCN7547.jpg s-DSCN7548.jpg

2017年02月20日

洗浄機 グリッパーヘッド伸縮反転ベアリングの交換

RRU型洗浄機のグリッパーヘッドを伸縮させたり反転させたりするベアリングの交換です。
これらのベアリングは、定期交換を推奨しております。

s-IMG_7042.jpg s-IMG_7043.jpg

s-IMG_7044.jpg s-IMG_7045.jpg

2017年02月27日

充填機 出口プッシャー部の整備

ALK型充填機の、出口部でアンプルを押し出すプッシャー部の分解整備です。
この部分は定期的な部品交換を推奨しております。

s-DSCN7550.jpg s-DSCN7553.jpg

s-DSCN7589.jpg s-DSCN7637.jpg

2017年03月20日

充填機 バーナーヘッド上下部の整備

ALK型充填機の、アンプル熔閉部のバーナーヘッドを上下させる部分の分解整備です。
この部分は定期的な部品交換を推奨しております。

s-P1030799.jpg s-P1030816.jpg 

s-DSCN0586.jpg s-DSCN0583.jpg

2017年03月27日

洗浄機 グリッパーヘッドターレット支持部の整備

RRU型洗浄機のグリッパーヘッドが取り付けられている部分の整備です。

生産運転中に異音がするとのことで、 グリッパーヘッドが取り付けられている部分をAssyで洗浄機から下ろして確認すると、支持しているベアリングが破損しておりました。

s-IMG_0334.jpg s-IMG_0338.jpg

s-IMG_0332.jpg s-IMG_0339.jpg

s-IMG_0362.jpg s-IMG_0355.jpg

s-IMG_0363.jpg s-IMG_0357.jpg

s-IMG_0369.jpg

2017年04月03日

充填機 ピンチャーヘッドの整備

ALK型充填機の、ピンチャーヘッド内部のベアリングを交換しました。

s-IMG_1263.jpg s-IMG_1272.jpg

s-IMG_1276.jpg s-IMG_1278.jpg

s-IMG_1282.jpg s-IMG_1283.jpg

2017年04月10日

洗浄機のオーバーホール 1/5

RRU型洗浄機のオーバーホールです。
洗浄機をお客様の工場より持ち出して、弊社工場に持ち込んで、バラバラに分解して点検を行い、交換が必要な部品を全て新品に交換したうえで組み立てる、フルオーバーホールです。
今回の写真は、弊社工場に持ち込んだ直後の写真です。

s-DSCF1643.jpg s-DSCF1644.jpg

s-DSCF1653.jpg s-DSCF1677.jpg

s-DSCF1684.jpg

2017年04月17日

洗浄機のオーバーホール 2/5

RRU型洗浄機のオーバーホール、2回目の今回は分解時の写真です。

s-DSCF1701.jpg s-DSCF1715.jpg

s-DSCF1740.jpg s-DSCF1815.jpg

s-IMG_2111.jpg s-IMG_2112.jpg

s-IMG_2113.jpg

2017年04月24日

洗浄機のオーバーホール 3/5

RRU型洗浄機のオーバーホール、3回目も分解時の写真です。

s-DSCF1692.jpg s-DSCF1698.jpg

s-DSCF1722.jpg s-DSCF1734.jpg

s-DSCF1760.jpg s-DSCF4277.jpg

s-DSCF4271.jpg s-DSCF4275.jpg 

2017年05月08日

洗浄機のオーバーホール 4/5

RRU型洗浄機のオーバーホール、4回目の今回は組立時の写真です。

s-IMG_2322.jpg s-IMG_2324.jpg

s-IMG_2331.jpg s-IMG_2334.jpg

s-IMG_2375.jpg s-IMG_2385.jpg

2017年05月15日

洗浄機のオーバーホール 5/5

RRU型洗浄機のオーバーホール、最終5回目の今回は組立調整時の写真です。

s-DSCF4308.jpg s-DSCF4340.jpg

s-DSCF4328.jpg s-DSCF4309.jpg

s-DSCF4355.jpg

2017年05月22日

充填機 セグメント駆動部の整備

ALK型充填機の、セグメント駆動部の分解整備です。
この部分は定期的な部品交換を推奨しております。
ガタの状態によっては、カムの交換も必要となってきます。

s-IMG_0535.jpg s-IMG_0547.jpg

s-IMG_0554.jpg s-IMG_0555.jpg

s-IMG_0557.jpg s-IMG_0592.jpg

s-IMG_0615.jpg

2017年05月29日

洗浄機 グリッパー開閉カムのメッキ

RRU型洗浄機のグリッパーの指を開閉させるカムのメッキです。

グリッパーの指は、指の根元に取り付けられたレバー先端のベアリングが、カムに当たることにより開閉します。
カムの表面はハードクロムメッキ処理されておりますが、ベアリングが何度も当たって少しづつメッキが磨耗して、下地(SUS)が現れるところまでいくと、すぐに削れてしまいます。

そこで弊社ではカムの再メッキを行っております。
削れる前に定期的に再メッキすれば恒久的に使用可能です。


s-IMG_6798.jpg s-IMG_6799.jpg

s-IMG_6801.jpg

s-IMG_6884.jpg s-IMG_6882.jpg

s-IMG_6885.jpg

2017年06月12日

充填機 針台上下駆動部の整備

ALK型充填機の、充填針を上下させる部分の分解整備です。


s-DSCN4590.jpg s-DSCN4598.jpg

s-DSCN4600.jpg s-DSCN4603.jpg

s-DSCN4605.jpg s-DSCN4608.jpg

s-DSCN4614.jpg s-DSCN4623.jpg

s-DSCN4636.jpg s-DSCN4637.jpg

2017年06月19日

充填機 入口コンベア改良

ALK型アンプル充填機の、入口コンベアのガイド類の改良です。
スクリュー近傍でのアンプルの流れが悪いため、アンプルが倒れたり破損したり、スクリューへの入りが悪かったりといった状況を改善すべく、ガイド類を改造しました。

<改良前>
s-IMG_0269.jpg

<改良後>
s-IMG_0270.jpg

2017年07月03日

洗浄機 ジャバラの交換

RRU型洗浄機の針台のジャバラの交換です。

s-IMG_0281.jpg s-IMG_0284.jpg

s-IMG_0287.jpg

2017年07月10日

洗浄機 スクリュー駆動部の整備

RRU型洗浄機の、水槽内のスクリューの駆動部の整備です。
軸とベアリング、オイルシール、タイミングベルトを交換しました。
この部分は定期的な交換が必要です。

s-IMG_4188.jpg s-IMG_4190.jpg

s-IMG_4192.jpg s-IMG_4193.jpg

s-IMG_4197.jpg s-IMG_4199.jpg

s-IMG_4200.jpg s-IMG_4205.jpg

s-IMG_4203.jpg

2017年07月24日

充填機 充填針上下部ガイドの改良

ALK型充填機の、充填針を上下させる部分を改良しました。
充填針の上下時に、針先がガタつくとのことだったので、ガイドのベアリングを増設しました。

<改良前>
s-IMG_2427.jpg s-IMG_2425.jpg 

<改良後>
s-P1010168.jpg s-P1010169.jpg

2017年07月31日

洗浄機 スクリュー駆動部の整備

RUR型(RRU型もある)洗浄機の、水槽内のスクリューの駆動部の整備です。
軸とベアリング、オイルシールを交換しました。
年式によっては、ケーシングがプラステックの場合もあります。
この部分は定期的な交換が必要です。

s-P1020531.jpg s-P1020541.jpg

s-P1020545.jpg s-P1020546.jpg

s-P1020559.jpg s-P1020564.jpg

s-P1020551.jpg s-P1020570.jpg

s-P1020582.jpg s-P1020583.jpg

2017年08月07日

充填機 出口スクリュー駆動部の整備

ALK型充填機の、出口スクリューの駆動部の整備です。
スクリュージョイントと軸、ベアリング、タイミングベルトを交換しました。
この部分は、軸がタイミングベルトで下に引っ張られますが、軸を支持する2つのベアリングの間隔が狭いので、ベアリングに負荷がかかってダメになることがあるようです。

s-P1040478.jpg s-P1040482.jpg

s-P1040487.jpg

2017年08月21日

洗浄機 エアーチューブの交換

RRU型洗浄機の、パイロットエアーのチューブの交換です。

<交換前>
s-P1020643.jpg s-P1020646.jpg

<交換後>
s-P1020647.jpg s-P1020650.jpg

2017年09月11日

充填機のオーバーホール 1/7

ALK型充填機のオーバーホールです。
充填機をお客様の工場より持ち出して、弊社工場に持ち込んで、バラバラに分解して点検を行い、交換が必要な部品を全て新品に交換したうえで組み立てる、フルオーバーホールです。
今回の写真は、弊社工場に持ち込んだ直後の写真です。

s-IMG_1876.jpg s-IMG_1878.jpg

s-IMG_1880.jpg s-IMG_1881.jpg

2017年09月18日

充填機のオーバーホール 2/7

ALK型充填機のオーバーホール、2回目の今回は分解時の写真です。


s-IMG_2015.jpg s-IMG_2016.jpg

s-IMG_2020.jpg s-IMG_2023.jpg

s-IMG_2029.jpg s-IMG_2036.jpg

2017年09月25日

充填機のオーバーホール 3/7

ALK型充填機のオーバーホール、3回目も分解時の写真です。


s-IMG_2181.jpg s-IMG_2203.jpg

s-IMG_2268.jpg s-IMG_2275.jpg

s-IMG_2287.jpg

2017年10月02日

充填機のオーバーホール 4/7

ALK型充填機のオーバーホール、4回目も分解時の写真です。
次回から組立時となります。

s-IMG_2054.jpg s-IMG_2044.jpg

s-IMG_2039.jpg s-IMG_2065.jpg

s-IMG_2346.jpg

2017年10月16日

充填機のオーバーホール 5/7

ALK型充填機のオーバーホール、5回目は組立時の写真です。

s-IMG_2384.jpg s-IMG_2396.jpg

s-IMG_2405.jpg s-IMG_2406.jpg

2017年10月23日

充填機のオーバーホール 6/7

ALK型充填機のオーバーホール、6回目も組立時の写真です。

s-DSCF4312.jpg s-DSCF4313.jpg

s-DSCF4314.jpg s-DSCF4316.jpg

2017年10月30日

充填機のオーバーホール 7/7

ALK型充填機のオーバーホール、7回目の今回で完成となります。

s-DSCF4311.jpg s-DSCF4343.jpg

s-DSCF4353.jpg s-DSCF4350.jpg 

2018年05月07日

充填機 出口スターホイール駆動部の整備 1/2

ALK型充填機の、出口スターホイールの駆動部の整備です。
今回は分解時の写真です。

s-IMG_0349.jpg s-IMG_0351.jpg

s-IMG_0373.jpg s-IMG_0374.jpg

s-IMG_0371.jpg s-IMG_0368.jpg 

2018年05月14日

充填機 出口スターホイール駆動部の整備 2/2

ALK型充填機の、出口スターホイールの駆動部の整備です。
今回は交換時の写真です。

s-IMG_0375.jpg s-IMG_0376.jpg

s-IMG_0377.jpg s-IMG_0384.jpg

HOME企業理念業務内容BOSCH社との関係性製薬機械 オーバーホール製薬機械 メンテナンス小ロット向け 1本立充填機バイアル整列機
ガラス生地管洗浄機会社概要業務実績アクセスマップスタッフダイアリーお問い合わせサイトマッププライバシーポリシーサイト使用条件集
Copyright(C)2008 Haginoya Machinery Co.,Ltd. All Rights Reserved.
アンプルやバイアルの洗浄機・滅菌乾燥機・充填機・捲締機・整列機といった注射剤製薬機械のオーバーホールやメンテナンスはハギノヤ機械にお任せください!